災害に備えるなら寝袋がおすすめ

災害時に備えて家庭にも食料や水を多少備蓄しておくとともに、いざというときに役立つものをまとめておき、取り出しやすい場所に置いておくことが勧められています。ホームセンターなどにセットになっている物が売られていますが、実際に役立つ物とは少々内容が異なっていることも多いのです。家族環境や、想像される災害に合わせて、使いやすい物を揃えておくことが安心につながります。

圧縮毛布などがセットになっていることもありますが、自宅を離れて避難する必用がある場合には、寝袋を持参した方が役立ちます。毛布は毛布でプライベートスペースの確保のための仕切りとして役立てる事が出来ますが、眠る時には寝袋を使用できると安心感もあり、寒さを防ぐためにもかなり効力を発揮します。

用意するものは真冬用の高級な物である必要は無く、スリーシーズン用の安価な物でかまいません。あまりコンパクトに収めることが出来ないタイプの物になるかもしれませんが、クッションや座布団代わりとして使うことも考えれば、断熱性に重点を置いた商品ではないほうが汎用性が高くなります。